日本製の雑貨ブランド立ち上げにつき、報告と募集をします

こんばんは、吉本ユータヌキです。

今回、タイトルの通り「日本製の雑貨ブランド立ち上げ」についての報告と募集をしたくブログを更新します。色々と包み隠さずに書こうと思うので、かなり長くなりました。もし興味があればでいいので、お時間あるときに読んでいただけると幸いです。

 

最初に、僕のことを知らない人もこのブログを見てくれるかもしれないので、簡単に自己紹介をさせてください。

吉本ユータヌキという名前でイラストや漫画を描くお仕事をしています。今は集英社の“ふんわりジャンプ”というWEBマンガサイトで「おもち日和」というこども観察マンガを連載をしたり、その他のメディア連載やイラストなどで原稿料をいただいていますが、普段は一般企業に勤める普通の会社員です。

 

どうして兼業なの?

まず本編に入る前に、よく質問をいただくので僕が会社員であることの理由を少し書かせてください。
「連載もあって本も出したのになんで会社員と漫画家を兼業なの?」とよく聞かれます。すごくシンプルな答えなんですが、妻に「毎月安定した給料をもらってほしい」と言われたからです。

妻とは18歳から付き合っていて、その頃から26歳ぐらいまでバンド活動をしていました。売れてるバンドじゃなかったのでフリーターとしてバイトで稼いだ給料を生活費とバンドの活動費に費やし、それでも足りず親にお金を借りるぐらい経済的には厳しかったので、妻(当時彼女)を満足に遊びに連れていってあげることもできず。

そんな8年間を文句も言わず我慢して一緒にいてくれた妻が、はじめて「毎月安定した給料をもらってほしい」とお願いしてきたのは、子供が生まれたから。

当時は連載もなかったですが、今漫画家として毎月安定した原稿料をいただけるようになりましたが、それでも会社員を辞めないのは妻を不安にさせたくないからです。

正直言うと、漫画一本で大丈夫!と言う自信がない自分への逃げ道でもあります。

 

会社で生活雑貨ブランドを立ち上げました

f:id:horahareta13:20170713141949j:plain

今年から大阪にある社員数人の小さな会社に転職しました。僕がこうしてユータヌキという名前で活動してることも知った上でお誘いしていただきました。

社長が前職でタオル業界にいたこともあり、今治・大阪泉州などの日本製タオル工場と深いつながりを持っていることから、今の会社ではイベントやフェス・アーティストからタオル製作を請け負っています。そんな会社に入って日本製タオルの素晴らしさを知りました。

 

突然ですが有名な今治タオル。品質の良さはみなさん知ってると思いますが、持っていますか?

僕はこの会社に入るまで今治タオルという名前は知っていましたが、粗品でもらったタオルや、ディスカウントショップの安いタオルを使ってました。なぜかというと、正直今治タオルは高くて買えなかったからです。冒頭で書いたように経済的に余裕がなかったので、質にこだわることもなく『拭けたらいっか』ぐらいの感覚でした。

 

そんな僕でしたが、今の会社に入ってタオル業界の方の話を聞くと「日本製を使う人が減っている」とのこと。僕と同じくやっぱり海外の価格の安いものを使う人が多く、国内のタオル工場も昔より減ってきているらしいです。今治タオルという=高品質なブランドであることもあり、コストを下げることもできず、価格競争では余裕で負けてしまうようです。

そんな悩みを多方面から聞いたときに、自分に何かできないかと考えた結果がブランドを立ち上げるということでした。

 

f:id:horahareta13:20170713141346j:plain

若い人にも日本製品を使ってもらいたく、キャッチーなデザインのタグをつけた『merci minna.(メルシーミンナ)』というブランドネームでハンドタオルを作りました。
merci はフランス語で「ありがとう」、minna は「みんなに」という意味を込めてフランス語っぽくした造語です。“日常の中の小さな感謝を忘れないように”というメッセージ性を込めました。minna(みんな)には家族や恋人、友達だけにではなく、自分自身含んでおり、仕事や学校帰りにふとこのタグを見て「今日も一日よく頑張りました」と自分に言ってあげられればと思っています。

このブランドに関しては僕はデザインせず、企画を中心にディレクションのみしていきます。このネームタグも北欧雑貨の会社でデザイナーしていた方にお願いして、描いていただきました。

デザインからでもいいので、今治タオルを使ってもらえるきっかけになればと思っています。

 

グッズ製作の相談にも乗れます

f:id:horahareta13:20170713154740j:plain

少し余談にはなりますが、元々バンドをしていたり、今自分のグッズを作っていたりするので、過去を振り返って思うことを。

グッズをどこで作ればいいかわからない方やいい業者がみつからない方はご相談ください。タオルも安いのより品質にこだわりたいけど、どこで作れば...という方は今治タオルならご相談に乗れます。あと、Tシャツなどのプリントものもできます。

ただの宣伝になってしまってるんですが、バンドをしてた当時はそんな業者もわからずにネットで見つけた業者にお願いして、後々すごい高いってことに気づいたりすることが多くありました。なので、今なら相談に乗れるようになったので、見積もりだけでも協力できればと思ったので。。。
あ、もちろん業界最安値ですよーってわけでもないので、そこは別の業者さんにお願いしても問題ないです。困ってる方がいれば...ぐらいの感じです。脱線してすいません。

 

 

今後の展望

f:id:horahareta13:20170713165210j:plain

今治タオルを中心に日本製の生活雑貨を作っていきたいのですが、正直なことを言うと、このブランド企画に関しては、かなりチャレンジな企画なので会社からの予算はほとんどない状態です。会社がケチなのではなく、SNSを中心にブランディングしたく、予算をあまりかけずにどこまで拡げられるかやってみたいと思っています。

 

業界の方の話を聞くと、品質にこだわる方やお金に余裕がある40代以上の方、小さい子供がいる家庭などでは多く利用されているようで、今これから届けたいのは若い人たち。少し高いけど高品質なもの使ってもらいたいと考えているものの、業界の方々は年齢層も高くSNSを使って情報を発信することができてないとのこと。

なので、今回SNSから今治タオルの良さを伝えたく、この企画を始めました。

 

8月にオープンしたばかりですが、現在はTwitterinstagramを活用して、プレゼント企画をしています。今治タオルの良さを語るよりも、使ってもらうのが一番だと思うのでまずは企画を通してたくさん配っています。ばら撒き商法なんて言葉もありますが、誰も知らないブランドなので手段も選べないので今はガムシャラにできることをしています。 

ただ、ここにももちろんタオルのコストと配送料はかかり、微々たる予算でいつまでも続けていけるわけじゃないのです。そこでたくさんの方に協力していただきたく、以下募集をさせていただきたいと思っています。

 

協力してくださるカメラマン・モデル・飲食店・デザイナー・商品を取り扱ってくださるお店・紹介してくださるメディアなど募集したいと思います。

募集といいますか、協力してください!

 

とは言っても、満足してもらえるような謝礼ができる状態ではないので、要相談でお互いに納得のいく条件であり、win-winになれる場合にお願いしたいと思います。※店員に達した場合などはお断りさせていただくこともあります。ご了承ください。

win-winになれる場合 と言うのは僕の中で一番大きな条件でして、僕はこの企画でめちゃくちゃ儲けたいと言うわけじゃありません(もちろん会社の業務なので売り上げは必要ですが)。

 

SNSを中心にブランディングしていきたいので、merci minna.を知ってもらうと同時に撮影してくれたカメラマン・撮影させてくれた飲食店・モデル・取り扱ってくれたお店などもセットで紹介して、一緒に周知してもらえるのが理想です。

まだアカウントとしてフォロワーも少なく力はないのですが、僕の個人アカウント(吉本ユータヌキ)でも併せて拡散はしたいと思っています。

僕の本業(イラストや漫画)の活動を目当てにフォローしてくれている方が多いので、全てとはいきませんがバランス取りながらうまく両立させたいと思っています。

 

今現在はこの企画を対外的に動かせるのが僕だけなので、まだ地道にゆっくりの動きとなるので、協力してくださる方を求めています。後々はホームページのデザインをちゃんとかっこいいオシャレなのにしたり、ECサイト機能をつけたりの依頼をして、メディアも作りたいと思っています。

全てが初めてのことで見よう見まねにはなりますが、一緒に頑張ろう!って言ってくださる方がいれば horahareta13@gmail.com にご連絡ください。TwitterのDMでも大丈夫です。

 

あと、最後にもう一つ募集させてください。


SNSアカウント名『nui nui』は弊社の商品を取りまとめて紹介するサイト名です

 

クラウドファンディングで支援を募集します

先日、『polca』というクラウドファンディングアプリがリリースされ、すごく気になっていたのですが少額からできるということで、そこで支援を募集することにしました。

 

polca.jp

 

500円支援していただいた方には今治製のハンドタオルを贈らせていただきます。正直、コストと配送料で500円近くになります。支援は結果的に金銭的なものではなく、使ってくださるというところを目的としています。

 

追記:polcaのサービス上「支援」と呼んでいますが、500円で買って使っていただくという形です

 

 

もちろんたくさんの方が作ってくだされば、生産量も増えるのでコストはわずかに下がりますが、そこで残った分は宣伝費や協力してくださる方へのギャラに使わせていただきます。

 

個人的に気持ちも入った企画です。使ってみたい、気になるという方はよろしくお願いいたします。

 

 

最後に、僕自身まだこの業界は短く今治タオルのこともまだまだ知らないことの方が多いです。なので、これから知識をつけていくためにまずタオルソムリエ試験を受験します。専門家じゃない人に語られても説得力がないと思うので、必死に合格目指します。

※会社の方々はみんな資格を持っています

 

これからどうしていこうと、悩んでいた時にふと思いつきこのpolcaに登録し、思いつきでこのブログを書いているので全ての気持ちをうまく書き表せているかもわからない文になってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

右も左もわからず始めたので、至らない点やご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、これからmerci minna.をよろしくお願いいたします。

 

 

2017.08.24 追記:

このpolcaを使った今回の企画に関しましては会社としての取り組みではなく、吉本ユータヌキ(吉本 祐太)一個人の取り組みです。

今後、merci minna.というブランドを個人として独立させたい思いがあり、当企画によりたくさんの方に品質の良さ、ブランドを立ち上げた意味を知っていただくために取り組ませていただきました。

 

商品は会社から私個人に卸していただき、発送とさせていただきます。

 

募集の際に、こちらの説明が欠けており困惑させてしまい、申し訳ありません。ご理解のほど、よろしくお願い致します。